ブログ

闇を生み出したのもすべて空

こんにちは。
今日も昨日の続きに、いただいたコメントへのレスを加えながら書きたいと思います。コメントありがとうございます!!
私も、「ショッキングな世界の本当のしくみ」といった類の情報が好きなほうです。最近は非二元論まっしぐらなので、昔ほどときめかなくなりましたが。
これらの情報は、人間ゲームの苦しみから解放されるために有効だと思います。

私たちの考え方、価値観は、教育システム、社会通念、お金のシステム、マスメディアに完全に洗脳された状態にありますが、洗脳されているという自覚を持って生活している人は少ないでしょう。
でも、一体誰が何のためにそれらのしくみを作って私たちをコントロールしているかを知ることで、そのコントロールから力を取り戻すことができ、今まで苦しみと思っていた状況から自由になることもできるでしょう。
どういう意図があって今の教育システムがあるのか、とか、キリスト教や仏教といった宗教が、イエスや仏陀のオリジナルのメッセージからどのように改ざんされたか、またそれは何のためか、とか、お金のシステムを牛耳っているのはどういう人たちか、またそれは何のためか、とか、なぜフリーエネルギーが生まれないのか、とか、人工地震とか、闇の政府とか、フリーメーソンとか、宇宙人とか、遺伝子操作とか、、、そういう世界の本当のしくみに明るくなることで、鎖から解き放たれ、より楽に人生ゲームを送れるようになることはできると思います。

でもそれはあくまでも人間ゲーム(私という感覚)でプレーしているステージの見方において、です。
目覚めのステージからみると、そういう状況や情報も、空という無条件の愛が生み出したホログラム的幻想にすぎません。
目覚めた空の意識からみると、すべてが壮大な地球人ドラマのシナリオのワンセンテンスにすぎないのです。

「おなかが空いた」というアイデアと、「フリーメーソンが、レプティリアンが、こういう仕組みを作って私たちを背後から操っている」というアイデアが同じ価値なのです。
大海に浮かぶただの波の一つ一つ。
宇宙に生まれたエネルギーの一つの形態。。。

だから、目覚めた人たちは、「あなた方に恐怖心を植え付け、背後から操っているのはこういう仕組みがあるからで、そのしくみを作ったのは・・・云々」ということはあまり言いません。
それをさらに生み出した親を知っているからです。
つまり本当の自分=空=生命の根源です。

というわけで、空の私たちから見れば、そういった「ショッキングな世界の本当のしくみ」的な情報は、必要な人には必要だし、必要ない人には必要ないし、ぐらいのものなんじゃないかと思います。
もしあまりにもそういう情報に囚われたり、異常に反応してしまう場合は、

人類起源のときのなんらかの思い(「人類は失敗作だ」、「エラーまみれの人類を創ってしまった自分は悪い」
「こんなエラーまみれの地球人に転生してしまって恥ずかしい」などなど)が思考パターンとして入っている、ということもあるそうですが。。。

それから、コメントでご紹介いただいた脳卒中で左脳が損傷して右脳優位になったことで覚醒意識を体験した神経解剖学者ジル博士の講演はこちらです。
とてもとても興味深いのでぜひご覧くださいませ。

カテゴリー
最近のブログ記事
キーワード検索
月別アーカイブ