ブログ

映画『スライヴ(Thrive)』

こんにちは。
突然ですが、皆さんは映画Thrive(スライブ)はもうご覧になりましたか?
11年11月11日にリリースされたドキュメンタリー映画です。
www.thrivejapan.com/
you tubeで日本語吹き替え版を全編見ることができる、ということで2回も見ました。
ここで紹介されているような内容は、私は12,3年前ぐらいから興味があって時間をかけて鱗を目から1枚1枚落としてきたので(映画に出てくるデバック・チョプラの本や、デーヴィット・アイクの本もいっぱい読みました)、今更「びっくり~!」ってわけではなかったのですが、人によってはこれを見たら鱗が目から一気に100枚ぐらい落ちるのではないでしょうか(笑)。
全部が全部真実かどうかは言い切れないし、賛否両論あるとは思いますが、少なくとも、毎日テレビのニュースや新聞をくまなくチェックし、そういうフィルターを通して世の中を見ているいわゆる「現実社会にガッチガチに洗脳された人」にとっては、世の中を自分の目で見てみようかな、と思うきっかけになるのではないか、と思います。
この映画の概要をうまく説明しているサイトがあったので、そこから引用します。

「11 11 11(11年11月11日)」にリリースされた「映画Thrive(スライヴ:すべての人類が等しく「繁栄」する意味を込めている)」ほど、全人類に衝撃を与える映画の登場は、歴史上で初めてのことではないでしょうか。
老若男女を問わずどんな人でも、日々の生活のあらゆる局面に、この映画が提起するテーマや諸問題が大きく関係していることを感じないわけにはいかないでしょう。
これを造ったFoster Gamble(フォスター・ギャンブル)の生い立ちは、有名な多国籍企業「P&G(Procter&Gamble:プロクター・アンド・ギャンブル)」の御曹子ですが、その位置に安住せず別の道を歩んだようです。
この映画には、「P&G」からは一銭の資金も出ていないとのこと。それは間違いないでしょう。もしそうなら、「P&G」の株主が黙っていないはずです。その理由は、この映画を見ればわかります。
彼はまた、真実を探求する途中で合気道の精神に共感して、15年修行し(黒帯の)3段まで進んだとのこと。それもあってか、この映画には合気道も登場します。
それはともかく、凄い映画を造ったものだと改めて思いました。
もう、「大いなる目覚め」の鍵として、「(UFO/宇宙人隠蔽についての)アメリカ政府の公式発表」などを、首を長くして待つ必要はありません。
ここには、そうした米政府発表によって期待できる以上のものがあります。
宇宙の成り立ちや時代潮流についての見識があり、私たちの世界を覆う「ヤミの支配構造」のアジェンダやメカニズム、「フリーエネルギー技術」圧殺の歴史など、数々の隠ぺいされてきた事実が暴露されており、また好ましい未来を共同創造するための提案があります。
これを視聴して、パッチリ目が覚めない人はいないでしょう。
ちなみに、アイマスクを持ち上げて光が射してくる方向を片目で見ているThriveのシンボル画像は、「(人類の現状からの)目覚め」を意味しています。

まだ観たことがない方、忙しくって2時間ちょっとも映画なんか見てられるか!という方もいらっしゃるかもしれませんが、一日30分ずつ見ても4,5回で終わりますから(そんなに観て欲しいんかって感じですが笑)、ぜひ中立的な目線でご覧になって、世の中を違う角度から見るきっかけを作っていただきたいと思います。

カテゴリー
最近のブログ記事
キーワード検索
月別アーカイブ