ブログ

「女の性質」と「男の性質」から見た宇宙③~女の性質の封印

前回のつづきです。

こちらの本の要点をまとめています。
4回シリーズのうち、今回は3回目です。

前回までの復習

「愛」と正反対の意識エネルギー「不安」によって、無重力の宇宙ができ、無重力空間の揺らぎによるスピンによって、物質が次々と生み出された。
「根源意識」は、この世界で遊び体験するために人間という存在を創り、自分自身を小さく小さく分解して無限数の分身意識を生み出し、身体の中に宿った。
身体に備わった五感と第六感というセンサーで、自分自身の様々な面を体験し、その小さなピースをつなげて自分自身を知るという無限成長のジクソーパズルを楽しんでいる。


女の性質と男の性質

≪女の性質≫
左回り・・・反・・・循環、軌道…膨張、拡散・・・還元…現象背後・・・波動(波)・・・輪・・・円・・・磁気電子を発生させる力
・・・陽電子(正孔)・・・植物・・・水…統合・・・需要・・・依存・・・柔軟・・・親和・・・客観・・・内観・・・環境適応性
・・・大きな力によって生かされている・・・マイナスエントロピー(蘇生)
≪男の性質≫
右回り・・・正・・・螺旋・・・収縮、結球・・・物質・・・現象・・・粒子・・・直進性・・・直線・・・電子・・・陰電子(電子)
・・・動物・・・火・・・分解・・・一方的・・・目的的・・・独善的・・・攻撃的・・・主観・・・外観的・・・自己中心的
・・・支配者は自分・・・プラスエントロピー(死)

あらゆる生物の生命現象をはじめ、科学がとらえた見えない電磁波も未知領域の振動も、あらゆる物質も、
すべて「女の性質」と「男の性質」という正反対の二つの性質の和合によって発現する。

「女の性質」の封印

5000年前のエジプトから始まり、250年前からの産業革命、日本では明治維新、戦後70年という歴史を通じて、地球における「女の性質」の封印が完了。⇒「男の性質」で世界が進む
「自分の生命の支配者は自分」
「何かをしたいという意欲を持ち、目的に向かって突き進む」
「功名心」「主義・理想・使命」
「男の性質」が、「女の性質」に導かれれば・・・
外に向かって働き、現実を理知的に構築し、調和に向かって物質文明を発展させる事が出来る。
「女の性質」が封印されることによって・・・
相手に対し、反発的に自己を主張し、相手を否定してまで自分を貫こうとする。

封印1

「男女性の和合」を
・隠すべき卑猥なもの
・欲望充足行為と感じる価値観
・力のある男が権力や金で自由にできるもの
という社会通念が形成された。
⇒その結果、性行為には常に羞恥心や罪悪感が伴うように・・・
生命体へのエネルギー増幅補給システムとして性行為のほんとうのしくみや効果が忘れ去られた。
本来の性の和合・・・肉体の意識の両方のエネルギーが響き合って高調波動を生み出すことで、お互いが生命エネルギーを創造して高めあう

封印2

「頭脳主導の知識教育システム」と洗脳的知識の入力によって、自分の本来の性質を表すことができなくなった。
間違った男らしさ、女らしさの通念

封印3

王族貴族のように働かないで暮らせる、モノをたくさん持つことが幸せ、という価値観による洗脳
○真実・・・すべての能力は使えば使うほど向上し続け、使わないと退化する
その結果⇒あらゆる能力の退化、アレルギー、過度な老化、病的な結末

封印4

「足りない」という嘘
私たちは「無重力場」を背景にした、豊穣の創造の海に生きている。

「モノをたくさん持つのが幸せ」という洗脳

「モノは足りない」⇔「節約こそが美徳」「もったいない精神の美化」(相反する洗脳)

お金やモノを素直に求める気持ち×罪悪感

封印5

「宗教」による支配
禁欲を説き、罪悪感を植え付け、女性を不浄なものとして遠ざけた。

★「科学」も形を変えた宗教
「人間は物質の塊で、脳というコンピューターで動く一回限りの人生を生きる機械である」という洗脳

★魔女狩りの歴史
「魔術を行う女性を生かしてはならない」・・・旧約聖書の出エジプト記22章18節
⇒16~17世紀  6万もの人が火あぶりや絞首刑、溺死により処刑

本来「女の性質」が強い女性は、「無重力場」や「根源意識」とつながる力が強い。
(日本でいえば巫女的な役割が、本来女性全員に備わっていた)。
「根源意識」とつながる能力の高い女性を「魔女」として抹殺していくことで、ガイドを失った男性は、前例やマニュアルをよりどころに行動せざるを得なくなり、
その結果、恐れと不安と脅しによる支配に立脚した社会システムが発展した

女性から独立し、女性を支配下に置くことは、男性にとっても本来とても不自然なこと。
感度の高い人たちは、自分自身の能力を隠す必要に迫られ、無力を装う生き方を選ばなければならなくなった。
人間の感受性鈍化

反生命の物質によって構成された食事、生活空間、医療、美容等による直接的自殺行為と、
過去に意識がいくと個人も社会も時間は短くなり早く老化してしまうという摂理によって、
人類は、生命体として停滞と退化の方向に向かっている

 

「臨界点寸前の地球破壊を回避するため」、「女の性質の目覚めによる人類の意識の転換をサポートするため」、
今、地球は大きな変化のエネルギーに満ちている!!

「女の性質」と「男の性質」から見た宇宙④~アマウツシ へつづく


 

今後イベントのお知らせ

~真の自己愛回帰のためのグループセッション~


◎心のしくみや宇宙原理を学ぶ
◎ご自身で自分を癒せるように、ヒーリングやセラピー、思考の掘り下げの方法を練習する。
◎瞑想
など

≪スケジュール≫
11月22日(日)13:00~16:00
11月24日(火)10:00~13:00
12月6日(日)13:00~16:00
12月9日(水)10:00~13:00
12月21日(月)10:00~13:00
※入退室自由です。
※参加費は、受け取った分だけお支払いただくお布施システム。
場所:クオレヴォーチェ酉島サロン

《このグループセッションの真の目的》
あ りのままの自分を愛し、受け入れ、大切にできるようになってはじめて他者を愛し、受け入れ、大切にできるようになります。
心の声に耳を傾け、自分に正直に 生きることが、自分との関係だけでなく、社会や身近な人々とのより幸せな関係を構築していくことになり、
それが平和の実現へとつながっていくことをぜひご 理解していただきたいと思います。

参考記事:しっしーのオリジナル☆なんでもありグループセッション


~宇宙と地球をつなぐ歌のお祭り~

宇宙の歌姫しっしーと癒しの歌の精ひさがお届けする歌のお祭り。
オペラアリアあり、ミュージカルナンバーあり、歌謡曲あり、デュエットあり、、、
3人のピアニストも一緒に盛り上がってくれます。
宇宙に感謝し、地球に生きる今を楽しむひと時です。
出演:宍倉朋子、中井ひさ、北川朝美、小林未季、溝川由美子
日時:2015年12月12日(土)15:00~16:00
場所:川西市みつなかホール文化サロン
会費:受け取った分だけお支払いください

~クオレヴォーチェ瞑想会&忘年会~

今年クオレヴォーチェとご縁があった方々と共に、
日常生活や絶え間ない思考から離れて、静かに「今ここ」を過ごし、
その後は、食べて飲んで唄って踊って、大いに盛り上がる年忘れイベントを開催します!
日時:12月25日(金)18:00~
場所:クオレヴォーチェ酉島サロン
会費:1000縁+飲食持ち寄り
定員:8名

お問い合わせ&ご予約は、ブログの予約フォームかこちらまで

カテゴリー
最近のブログ記事
キーワード検索
月別アーカイブ

リンク

貊村 みゃくそん[れなり]ショップサイト
オリーブオイル「れなり」のご用命は、【貊村リンク】ショップサイトへ

貊村から世界が変わる!」で貊村についてご紹介しています。