ブログ

地球規模のコントロール・ドラマ

『聖なる予言』という本の主軸となっているのが、「コントロールドラマ」。

コントロールドラマ・・・他者との関わりにおいて、相手からエネルギーを得るために無意識に演じてしまう行動や言葉のパターンの事をいいます。
人間関係におけるペインボディの現れ方といってもいいでしょう。
人間関係がうまくいかなくなる原因を探ると、ほぼここにあるということがわかります。

私も今までに人間関係の雲行きが怪しくなってきたときに、このコントロールドラマを思い出し、
そのドラマから脱出することで調和な関係に戻った経験が多々あります。

エネルギーの操り方には4つのパターンがあります。
このパターンは主に、幼少期親との関係において形成されます。
人によって2つ以上のパターンを使い分けることもありますが、
だいたいの人はどれか一つの主要なパターンを持っているといわれます。

コントロールドラマの4つのパターン

《攻撃的なもの》

脅迫者タイプ

拒絶、人の話を聞かない、怒り、欲しいものは何としてでも手に入れる、傲慢、利己的、コントロール、暴力
(他の人々を)こわがらせる、怒らせる、恨みを抱かせる、否定されたと思わせる。

尋問者タイプ

心理的に問い詰める、自分の正しさを証明しようとする、皮肉屋、懐疑的、いやみ、ちくちく文句を言う、完全主義、ひとりよがり、自分の思い通りに人をあやつろうとする、
すじの通った論理や事実や知性などで、人を服従させようとする。
(他の人々を)見張られていると感じさせる、否定されたと感じさせる、間違っていると思わせる。

 

《受身的なもの》

傍観者タイプ

無関心、よそよそしい、秘密不義、反応がない、事なかれ、責任から逃れる、協調性に欠ける、自分の考えや感情を見せない、人と距離を置き、他人が近付きにくい雰囲気を誇示する。
(他の人々に)まごつかせる、疑いを抱かせる。

被害者タイプ

被害者意識が強い、愚痴・不満が多い、悲観的・マイナス思考、否定的、自己価値が低い、
常に悲劇の主人公となる事でエネルギーを得ようとする
(他の人々)に罪悪感を抱かせる、から同情心を集める。


地球規模のコントロール・ドラマ

友人、家族、恋人など身近な関係から、学校でのいじめ、社会での対人トラブル、
そして国家間の戦争、地球規模での支配システムに至るまで、
コントロール・ドラマというこのエネルギーの争奪戦が絶えず繰り広げられています。

社会の強者は弱者から《恐怖・不安・怒り・無力感・依存心・羨望》などのエネルギーを搾取し、弱者はさらに弱者からエネルギーを吸い取ります。
弱い者は弱者を演じることでエネルギーを取られないように無関心を装ったり卑屈になったりし、また逆に同情を集めることでエネルギーを得るのです。

権力や地位を目指すのも、巨額のお金を得ようとするのも、自分のところにエネルギーがたくさん集まり、その高揚感を得たいからなのです。

前回の記事では、地球規模(宇宙規模?)でのコントロールドラマの実態をよーく見てみませんか、というご提案をしましたが、
このコントロールドラマのやっかいなところは、
脅迫者や尋問者の姿が見えにくいというところでしょうか。
強者は本来の姿を見せることなく闇でルールを作り、メディアや教育をコントロールし、洗脳し、
一般大衆を傍観者や被害者に巧みに誘導することで、知らない間にエネルギーを奪い取っていきます。

エネルギーを奪われた大人たちは、さらに弱者(自分の子どもたち)から無意識に奪い取り、
エネルギーを奪われた子どもたちは、人生に希望や喜びを見出すことなく、本来の自分らしさを失っていきます。

私たちが病気になるのも、お金に翻弄されるのも、このコントロール・ドラマの結果だということがわかるでしょうか?

私たちは今すぐにでも、この地球規模でのコントロール・ドラマをやめなければいけません。

コントロール・ドラマを終わらせる方法は一つ、
そのコントロール・ドラマに気付くことです。

コントロール・ドラマに気づかないと、抜け出すことはできません。

スピリチュアルに関心のある人たちの中には、
「支配とか権力争いとか社会毒とか陰謀論とか、そういうところに目を向けると波動が下がる」とか、
「私も彼らもそもそも存在しないし、この世界も幻想、だから大丈夫」
「光だけ見ておけばいい」
などとスピリチュアルなメッセージを薄っぺらくとらえて真実に目を向けようとしないことがありますが、
それこそが傍観者としてコントロール・ドラマにまんまとはまっている状態だということに気付かなくてはなりません。

まずは、自分が今どのコントロール・ドラマを演じているのかに気づく、そしてそのパターンをやめる。
今までに強者に与えてきたエネルギー(不安・恐怖・怒り・依存心・羨望など)を与えるのをやめる。
そして、今まで(コントロール・ドラマによって)エネルギーを人から無意識に奪っていたのだとしたら、
大地や木々、花、太陽の光、エネルギーに満ちた食べ物(not エネルギーを奪う食べ物)、そして愛のある人間関係から
エネルギーを循環させ充足させる方法を学ばなければならないのです。

〇こちらの記事もどうぞ
コントロールドラマを終わらせるには

 

6298092_1543601723_72large

カテゴリー
最近のブログ記事
キーワード検索
月別アーカイブ

リンク

貊村 みゃくそん[れなり]ショップサイト
オリーブオイル「れなり」のご用命は、【貊村リンク】ショップサイトへ

貊村から世界が変わる!」で貊村についてご紹介しています。