ブログ

相手のエネルギーを感じる

今日は、コミュニケーションにおいて最も大切なこと、相手の内在的論理をつかむコツについて書きます。

相手の内在的論理をつかむということは、自分の内在的論理を介さずに相手の本質をそのまま捉える、ということです。
内在的論理とはつまり思考や感情のまとまりみたいなものなので、自分の思考や感情を脇に置いておいて、相手を捉えるということになります。

自分の思考や感情を脇に置いておくには、それらにまず気づいていなければなりません。
しかし、ほとんどの人は普段自分の思考や感情(ペインボディ)に気づいていない=一体化している、のです。

そこで、自分の思考やペインボディをいつも客観的に観察するという練習が大切になってきます。

相手を本当に理解したいのであれば、自分の思考や感情を脇に置いて相手のことをよーく感じるのです。
相手の言葉、態度、行動、表情、仕草、これらは、肉体のレベルで捉えられるものです。
その肉体のレベルを超越した、相手の精妙なエネルギーを感じるのです。
その為にはまず、自分自身の身体を内側からそのまま感じる練習が必要です。

エネルギーとか、波動とか、人それぞれ何かあるの、わかりますよね?
オーラが見えなくても、「あの人なんかオーラがあるねぇ」とか言いますよね?

すごく物静かでいつも人の陰に隠れてるけど、なんか存在感あるよねー、とか。

ものすごい自信家で偉そうにしてるけど、内面はオドオドしてるよねーとか。

「一人が大好き、恋愛とか興味ない」と言ってるけど、ほんとは人一倍人恋しいんだよね、とか。

そういう、表面では捉えきれない相手の本質を、本当はみな感じ取っているのです。

そのエネルギーレベルでわかることは、たいていは本人さえも気づいていない領域です!

言動や態度・表情では騙されますが、エネルギーは絶対に嘘をつきません。
言動や態度など、肉体レベルで捉えるものは、すべて自分の過去のデータの投影なんです。

例えば自分の中に罪悪感があったら、相手が怒っているように見える、とか。
でも、エネルギーレベルで相手を感じると、本当に怒っているのか、怖がってるのか、 あるいはどちらでもないのか、ちゃんとわかります。

相手を感じる=頭を介さずに心の眼で見る。

別の言い方でいうと、
過去のデータを一切持ち越さず、毎瞬毎瞬新たに相手を見る、ということになります。

毎瞬、「この人はこういう人だ」とか、「前はこうなった」とかいうデータを初期化しながら、
毎瞬毎瞬生まれてくる新しい相手と、その関係を発見し続けていくのです。

私も昔はエネルギーとか全然わからなくて、相手の表面的な言動や態度に振り回されまくっていたこともありましたが、肉体レベルを超えたエネルギーをよーく感じるという訓練を日々続けているうちに、今ではその人のどのチャクラがどれぐらい活性化してるかとかまで、ありありとわかるようになりました。

離れていても、相手がいまどんな状態なのかもだんだんわかるようになってきています。

そうやって相手の本質を捉えられるようになってくると、相手に振り回されることはほとんどなくなりますし、自分の発言や態度も変わってきて、それは相手に響きます。

だから本質的なコミュニケーションができるのです。

「思いを外して相手を観る!」これに限ります。
これを見る訓練なしに、親密で健全な人間関係を築き上げることはまず無理でしょう。

次回も引き続き、コミュニケーションについて書きます。

無限の無限の輝きがいっぱい!なコンサートのご案内

日時:6月30日14:00~

場所:モノトーン千里店パーティールーム(阪急南千里駅下車正面すぐのクリスタルホテル4F)

料金:2,500円(ソフトドリンク飲み放題付)

曲目:Fine on the outside(思い出のマーニー) Miss a thing (アルマゲドン) My heart will go on(タイタニック) 等々・・・

歌:高木亮 宍倉朋子

お申し込み・お問い合わせはこちらまで→

 

カテゴリー
最近のブログ記事
キーワード検索
月別アーカイブ

リンク

貊村 みゃくそん[れなり]ショップサイト
オリーブオイル「れなり」のご用命は、【貊村リンク】ショップサイトへ

貊村から世界が変わる!」で貊村についてご紹介しています。