ブログ

“抜け出す”ための方法とテクニック

完全性や一体感への帰還に至るまでの、各段階の抜け道についてまとめてみました。

「依存」の段階の抜け道

  • 自分のニーズに気づく。「ほかの人に世話をしてほしい」、「仲間に入れて欲しい」、「ほかの人に愛されたい、認めてもらいたい」
  • 自分の足で立つことを学ぶ。
  • 「自分を愛するのは自分の仕事」ということに意欲的になる。
  • 真に与える。真に許す。

依存の段階についてはこちら

「自立」の段階の抜け道

  • パートナーや他の人につながる。
  • 一人で頑張らずに、身を任せる、委ねる。
  • 自分が切り離した感情や痛みに気づき、癒す。
  • 他人の感情に気づき、向き合う。
  • 真に与え、受け取る。

自立の段階についてはこちら

依存・自立の段階共通の抜け道

  • 私たちに起きた事は、すべて自分に責任がある、という原則を理解する。
  • 祈る。天に奇跡をお願いし、心を開いて、サポート・恩恵を受け取る。
  • コミットメント(ある人間関係やプロジェクトに、完全に自分自身を与えると決意する)。
  • どんな問題の下にもギフトがあることを理解する。
  • 手放す。ニーズ、執着、恐れ、恨みつらみ、批判、罪悪感、被害者意識、ジャッジ、期待、競争、コントロール、特別性を放棄する。
  • 自分の感情・痛みと向き合い、溶かし、そこから自由になる。
  • 先祖・家系の癒し(家族代々受け継がれてきたネガティブなパターンを変容させる)。
  • 投影(他の人に張り付けている自分が抑圧したもの)・シャドー(他の人に映し出している自分の嫌いな否定的自己概念)を癒す。
  • 統合(異なる意図、ゴールをひとつにまとめる)。
  • 直観を使う。本心、高次の自分と繋がる。
  • 否定的なストーリーを手放す。(怖れのストーリー、罪悪感のストーリー、被害者のストーリー、「利用されている」というストーリー、競争のストーリーなど)
  • 現実無視。現実と戦わない。現実(過去)をつかまない。
  • 毎日顔を突き合わせているような人でも、その都度「今初めて出会った」つもりで接する。つまり、過去を一切持ち込まない!
  • 信頼する。最終的な結果は必ずポジティブであることを知る。
  • 許す。自分が相手でも同じことをしていたかもしれない、という宇宙のシナリオに対してのリスペクトを持つ。
  • コミュニケーション、相手と繋がる
  • 次のステップへ進むと決める。

ハートトークセラピー

 

カテゴリー
最近のブログ記事
キーワード検索
月別アーカイブ

リンク

貊村 みゃくそん[れなり]ショップサイト
オリーブオイル「れなり」のご用命は、【貊村リンク】ショップサイトへ

貊村から世界が変わる!」で貊村についてご紹介しています。