ブログ

ありがとうおじさんのお話の用語解説

ありがとうおじさんの世界観や教えはとっても独特なのですが、
世界でもっともポピュラーな精神世界の教えである『奇跡のコース』の世界観と比較してみたところ、共通の真理がどんどん見えてきました!

「ありがとうございます」の言霊が、『コース』に登場する「聖霊」です。
『コース』では、一瞬一瞬聖霊を思い出し、呼び出し、すべてを託して導いてもらうようにと説いています。

「ありがとうございます」の感謝行は、「一瞬一瞬新たに、現実化したものをプラスに受け直すだけでなく、現実化する前のプラスを先に感謝して受け直し、更には、プラスの言葉を駆使して、すべては言葉通りの現実化するという事を確信して感謝してゆくこと」。

言霊だけでなく、数霊、色霊、香霊(アロマ)、形霊(漢字・シンボル)、心霊はすべて「聖霊」
その中でも、最近ありがとうおじさんに降りてきた「宇宙神、ありがとうございます」の言霊は、宇宙最高位の聖霊なのですね!
「宇宙神、ありがとうございます」を、なめたらあかんらしいです。

今、地球規模のBad dream(悪夢)から醒めるために、できるだけたくさんの人がこの「宇宙神、ありがとうございます」を唱える必要があるそうです!


ありがとうおじさんのお祈り・最新版

 

※黒字は、ありがとうおじさんの講話や冊子から、赤字は「奇跡のコース」の用語。

  • 真の世界・・・真の神さまの一大循環の相象・真の与え尽くす心
    ピュア・アウェアネス、覚醒した意識、一なる心の状態、天国の世界、唯一の現実。
  • 虚の世界・・・思いの色眼鏡を通して見る世界、与えることを忘れた時、愛の心を忘れた時に生み出される世界。
    自分は分離している個であると錯覚している自分の世界、幻想、時間と空間が存在する世界、肉体が自分だと錯覚している世界。Bad dream。
  • 真の自分・・・一切の報いを求めることなく、すべてに対して本当に必要なものを的確に与え尽くしていく、真の神さまの愛の御心を生きる自分。本心の自分。自由自在な無色透明の自分。
    自我の思考体系に対する「聖霊の思考体系」、正しい知覚認識(Right mind)、キリストのヴィジョン(心眼)
  • 業想念の自分・・・真の自分を忘れた自分、与えることを忘れた自分、恩返しを忘れた自分、過去を掴む自分、残像の世界に落ち込んだ自分、過去や感情の奴隷
    覚醒した意識ではなく、分離した個であると錯覚している自分、エゴ(自我)
  • 業想念の心・・・求める心、過去から積み重ねてきた思い・言葉、不平・不満・不足の心、執着、常に四苦八苦が付きまとう
    自我の思考体系(罪・罪悪感・恐れ・攻撃・防御)、間違った知覚認識(Wrong mind)、抑圧と投影、
  • すべて言葉通りになる・・・厳然たる宇宙の絶対法則。マイナスの言葉は、マイナスの現実をつくり、プラスの言葉は、プラスの現実を作る。
    この世に現れた、現実化したすべては、結果。自分の駆使した言葉通りに、運命のひな形ができ、心に出来上がった運命のひな形どおりに必ず現実化する。
    投影のプロセス、自分が見ている世界は、100%エゴの解釈の世界。マインドが映し出された世界
  • 自由自在心=すべての責任は自分に在る・・・すべて自分の自由であるということは、すべての責任は自分に在るということ。自分がすべてを決定している。すべての立場に立てる。それが自由自在心。
    「あなたが見る世界は、あなたの内面の状態が映し出されたものです」「あなたに苦痛をもたらすのは、あなたの思いだけです」
  • 言葉を支配する・・・マイナスの言葉に対しては、「見ざる・聞かざる・言わざる」が必要。言葉が先。言葉を支配すれば、環境・運命を支配できる。言葉を支配するようにならなければ、いつまでも環境の奴隷。運命の奴隷。プラスの言葉を駆使する人は、心に言葉・思いが溜まらず、今の言葉が直ぐに実現して、自由自在になれる。
    自我の思考体系を選ばず、一瞬一瞬聖霊の思考体系を選んでいく。Wrong mind(間違った知覚認識)からRight mind(正しい知覚認識)へ。許しの実践(価値判断を手放し、愛に焦点を絞るという意識的な選択)。
  • 過去をつかまない生き方・・・一瞬一瞬、新たに新たに受けなおして、一切の過去をつかまない。過去に心に貯めた、一切の業想念を消し去ってもらう。すべてを新たなプラスとして数え上げ、受け直す。
    「すべての時間は、終わったことがいまだここにあるという狂った信念に過ぎない。過去を赦して、手放しなさい。それはもう過ぎているのだから。」
    「過去は済んだことである。過去は私に触れることはできない。」
  • 真祈り・・・神さまの無限の無限のプラスを、与え続けること。一番自然なすがたに、一番楽な元のすがたに戻るだけというのが、真のお祈り。神さまの働きを邪魔しない、邪魔しない生き方が、真祈り。新たなる全徳の無限の無限の輝きを感受することが、真祈り。真の祈り、真祈りができるようになったら、今を生きている、真の神さまを生きている、一大循環の世界に生きている。
    祈りとは、神に到達するために聖霊により差し出されている道である。
    それは、単なる質問でも祈願でもない。
    祈りが何も求めないということをあなたが悟るまでは、祈りはうまくいかない。
    そうでなければどのようにして、祈りがその目的を果たせるだろう。
    偶像を求めて祈りながら、神に到達することを望んでも、それは不可能である。
    真の祈りは、願いを叶えてもらおうとして求めるという落とし穴を回避しなければならない。
    そのようにして求めるのではなく、すでに与えられているものを受け取ることができるように、
    すなわち、すでにそこにあるものを受け入れられるようにと、求めなさい。
  • 一大循環の世界・・・愛・プラスだけが無限のスピードで循環している順流の流れの世界。必要なものを的確に与え合う、一大調和の支え合いの世界。
    「神の愛のみが現実」=天国
  • 真のプラス言葉(ありがとうございます、宇宙神、ありがとうございます)・・・無限に積み重ねてきたマイナスの言葉を消してくれる言葉。真の神さまを呼び出す言葉。守護霊・守護神の応援を頼む言葉。真の神さまと波長を合わせるための言葉。
     聖霊を思い出し、呼び出し、尋ね、すべて託し、導いてもらう。
    聖霊は幻想と真理の間を仲介する。聖霊が実相と夢の間の隔たりに橋を架けるので、知覚は、聖霊に授けた恩寵を介して、知識へと行き着く。この恩寵は、真理を求めて聖霊に頼るあらゆる者への贈り物として聖霊に与えたものである。聖霊が架ける橋を渡って、すべての夢は真理のもとへ運ばれ、知識の光の前で一掃される。そこでは、情景も物音も永遠に消え去る。以前そうしたものが知覚されていた場所で、赦しが静かに知覚を終わらせる。
  • 悟り・解脱・・・自由自在な本心の自分に戻ること。真の神さまとの差をとる。
     意識下の恐怖が投影した幻影を自分の現実なのだ、と信じ込んだ誤信を心から取り除き、エゴという狂気を患う神の子の心を、神の現実(天国)へ還す。
  • 真の報恩の生き方・・・報いを求めず与え尽くす生き方。心の借金を減らし、貯金を増やす最短コース。「自分の自由をすべて捧げ尽くして、恩返しの絶対奉仕に生きる時に、全体から与え返される無限倍の自由と絶対奉仕を感受することができるのです」
    コミットメント。ホーリーリレーションシップ。この身体を聖霊と共に使う、聖霊に道具として使ってもらう。

宇宙神、ありがとうございます!

感謝の真祈りの勉強会 6月24日(金)10:00~です!

カテゴリー
最近のブログ記事
キーワード検索
月別アーカイブ

リンク

貊村 みゃくそん[れなり]ショップサイト
オリーブオイル「れなり」のご用命は、【貊村リンク】ショップサイトへ

貊村から世界が変わる!」で貊村についてご紹介しています。