ブログ

お祈りをはじめて変化したこと

「宇宙神ありがとうございます」のお祈りをするようになって変わったこと

  • 心がザワザワすることがなくなった
  • 過去を掴まなくなった
  • お祈りするのが楽しくなってきた
  • そういえば子どもの頃、おじいちゃんが毎夕お経をあげるとき、誰に言われるもなく妹と横に座って一緒に「南無妙法蓮華経」と日蓮宗のお経を唱えていたのを思い出した。昔から祈り人の素養はあったようだ、、
  • 真理のことばの理解がどんどん深まってきた。
  • 運命を好転させるのはめちゃくちゃ簡単だと思えるようになった。
  • 「ありがとうございます」の時よりもずっとずっと熱心にお祈りするようになった。
  • 「ありがとうございます」の時よりも、人に勧めたくなることが多くなった。
  • 教えてあげた多くの人がスーっとお祈りの生活を始めている。
  • この世の縁者(家族・親戚・知人・友人)の運気の流れがよくなってきた。
  • 今までの比じゃないぐらい速いスピードで覚醒しているのを感じる。
  • どんなマイナス現象に見えることも、すぐにプラスに見えるようになった。
  • 生きている世界がどんどん広く感じられるようになってきた。
  • 何を見ても聞いても、すべて「神さまからのプレゼント」と受け取るようになった。
  • 思いが出てきたら、瞬時に「宇宙神ありがとうございます」と唱えるようになった。
  • 全託に生きる、というのが、だんだんわかってきた。
  • 「自分の願い」、この世的なご利益への欲求がほとんどなくなってきたかわりに、神さまの、想像を超えた粋な計らいが楽しみでしかたなくなってきた。
  • 「これって奇跡だよね!?」って思う現象・出来事がたくさん起こって、よくびっくりするようになった。
  • セッションの時の、クライアントさんの解放や気づきが早くなった。
  • 最初の頃は、思い出して唱えている感じだったのが、最近は気づいたら唱えているようになった。
  • 自分が過去世で凄まじい量のマイナスのカルマを積み重ねてきた、というのがだんだんわかってきた。それが、縁者の分、地球全体となると、気が遠くなりそう、、、
    それを消すには、言霊(聖霊)の力を借りるしかない、ということもわかってきた。
  • 言葉が現実を作っているというのが、どんどん自分の中で当たり前になってきた。
  • 言葉通りになるのがわかり、病気になったり老けたりする気がしなくなってきた。
  • 虚栄心が出てきたときに、すぐに気づけるようになった。
  • 現実無視というのが毎瞬だんだんできるようになってきた。
  • 「一人お祈りすれば、数十万人以上の縁者(あの世も含め)が救われる」というのを知って、周りの人(両親・兄弟・友人・知人・パートナーなど)に変わってほしいと思うことがなくなった。
  • お祈りをしていると、神さまが自分だけでなく縁者の分までマイナスを消して光を降ろしてくれているんだ、というのが実感できるようになってきた。
  • 地球を救うために、神さまのお手伝いを本気でしていく、というコミットメントが日に日に強まってきている。
  • 自分にとって都合の悪いことが起こっても、「大難を小難にしていただいてありがとうございます」とすぐにお祈りできるようになった。すると、すぐにプラスに好転するようになった(しかも、その前よりずっとよい状態に!)
  • 自分も含め、現代の人たちは与えられ過ぎてるのに求め過ぎているのがよくわかってきた。借金だらけの意味がわかった。
  • 昔は、「恩返しの絶対奉仕」「与え尽くす生き方」というのにたいして、「何が楽しいんだろう?」、「私のような凡人の到達できる域ではない」という印象しかなく、少なくとも今世は自分には縁遠いものだと思っていたのが、現世的ないわゆる成功した生き方がだんだん色あせて見えるようになってきて、恩返し・絶対奉仕・与え尽くしに生きるのが、実は最も自由で幸せな生き方ではないか、というのがだんだんわかってきた。早くそういう生き方にシフトしていきたいという決意が、日に日に新たに新たに強まっている。

感謝の真祈り勉強会

日時:7月12 日(火)19:00~

場所:クオレヴォーチェ千里サロン

料金:任意

主宰:高木亮

 

image image

神戸布引ハーブ園

カテゴリー
最近のブログ記事
キーワード検索
月別アーカイブ