ブログ

ガイディング・スター

お知らせ

急な話ですが、8月29日午後、新宿で少人数グループお話会の機会を創ろうと思います。

時間13:00〜14:45、参加費は3,000円です。

場所は、ご予約いただいた方にお知らせいたします。

関東在住の方でこのブログの内容にご興味のある方、しっしーに会いたいという方、ぜひお会いして交流の機会を持てましたら嬉しく思います。

お問い合わせはこちらまで。

ポジティブな体験が苦しみの原因⁈

多くのセラピーの現場で癒すべきテーマとなるのは、ふつうは過去にあったネガティブな体験です。
今の問題と関わっていそうな過去の記憶を探し出すと、それはたいていトラウマと呼ばれる体験で、
その時の感情を癒し、解釈(信念)を変容させることで、苦しみを解消していきます。

そんな癒しの現場で意外と見落とされるのが、過去のポジティブな体験が苦しみを生み出しているというケースです。

人は、あまりに強烈なポジティブ体験をしてしまうと、そこに執着し、再び同じような体験をするために人生をかけるようになることがあります。

そのような「完璧な至福の瞬間」のことを、「ガイディング・スター」と呼ぶそうです。

わたしたちは、振動する存在であるがゆえにガイディング・スターを作り出します。周囲の環境、出来事、かかわっている人々など、様々な事象によって、非常に多くの異なった周波数と共鳴する事になります。人生において、周囲のすべての環境と完璧に共鳴した気持ちになる瞬間を体験します。そのとき、全てのものが完璧に感じられる周波数で振動するのです。その瞬間がすばらしい至福を生み出すとき、ガイディング・スターが誕生します。(『マトリックス・リインプリンティング』 P.302)

まさに完璧としか言いようのない、至福の感覚、深淵な愛に触れる感覚、誰にでも一度や二度体験があるかもしれません。
そういう体験や瞬間が悪いというわけではなく、問題は、わたしたちがそのような瞬間を再体験するためには、もう一度すべての環境を再現する必要がある、と思い込んでしまうことです。
そして、その完璧なガイディング・スターを再体験しようと、今の生活を犠牲にしてまで試み続けます。

マトリックス・リインプリンティングの本の中でガイディング・スターの例として紹介されていたものです。
バケツ一杯分ものストロベリー・アイスクリームを食べてしまったある女性は、彼女が7歳の時にお父さんがストロベリーアイスクリームを買ってくれて、肩に腕を回してくれたまさにその時にガイディング・スターが作られました。その父親は忙しくてほとんど家にいることがなかったので、彼女が子どものときに父親の愛情を感じたのはこの瞬間だけだったということです。
その結果、彼女はその瞬間を再び体験しようと、バケツ一杯分のストロベリー・アイスクリームを食べるに至ったのです。

他の例としては、
学校の運動会で一躍脚光を浴びたときの体験がガイディング・スターとなり、その時の気持ちを再体験するために、金メダルをとることに残りの人生を費やしたり、とか、、、

ある人とのある日のセックスがガイディング・スターとなり、その人と別れたあと他の人とつき合っても、意識の一部が過去のそのめくるめく瞬間が生じた時間と空間に縛られて今の関係を破壊してしまったり、、、

ドラッグやお酒も、ある意味ガイディング・スターといえますね。
たまたま強烈な至福体験をして、それを再び体験したいと思って依存してしまう、、、

悟りの一瞥体験もガイディング・スターとなることが結構あるようです。
マトリックス・リインプリンティングの創始者であるカール・ドーソンの場合は、
ある浜辺で悟りの瞬間を体験してから、その瞬間を再現するために、残りの20年を費やしていつも旅先で自分を浜辺に置く必要に駆られていたそうですが、
ある時、浜辺で自分が効いていた音楽とお酒の種類が、そのガイディング・スターの体験のときとまったく同じものだったということにハッと気づいたそうです。
問題は、自分がその場面を再現しようとして行動していたことには無自覚だったのと、望んでいる気持ちになれず心が平穏でなかったこと。
それに気付いたことで、カールは悟りの体験を求めるのをやめて、今に生きようと決意したそうです。

私自身は特にガイディング・スターという観点を扱ったことはないですが、
10年以上も成就しない恋愛にハマっていたのは、前世でその人と心も体も繋がった瞬間があって、それを今世でも再現しようと試みていたのかも、、、
大学院に7年も踏みとどまって書きたくもないテーマで論文研究をしていたのも、そのためにわざわざ2度もロンドンまで足を運んだのも、
なんとなく前世におけるガイディング・スターのなせる業のような気がします。

ガイディング・スターの問題点は、
もう一度その瞬間に戻るために、すべての環境を再現しようとしても、望む結果には決して手が届かないということ。
それだけでなく、そこへ至るためのプロセスが、今の生活や建設的な人生を破壊するじゅうぶんな力を持っているということ。
それ以外の環境や方法でも同等かそれ以上の至福の瞬間を体験できるかもしれないのに、たった一つの完璧な瞬間を追い求めることでそのチャンスを失ってしまうということ。
至福の瞬間に戻ろうとする行動はすべて無意識なため、なぜ自分がこのようにふるまうのか、そのパターンを繰り返すのかわからないということ。

最近、セッションで立て続けにこのガイディング・スターの問題に取り組みました。
この問題を抱えている場合、わたしたちは「特定のあれ(人・シチュエーション・モノなど)がないと、絶対に幸せの感覚を手に入れることは無理」と思っています。
※奇跡のコースでいうところの、スペシャル・リレーションシップですね。

マトリックス・リインプリンティングでこのケースを扱うときは、記憶の中のエコーからその完璧な感情の高まりを取り除くのではなく、
その感覚と結びついている状況を変えてしまいます。

例えば、子どもの頃にお酒に酔っているお父さんと初めてつながったように感じて、その瞬間がガイディング・スターとなり、つき合う人はなぜかアルコール依存症の人ばかりという女性の場合、
エコーに、お酒に酔っていないお父さんからでも精神的なつながりを感じられるようになってもらいます。

浜辺以外の場所で悟りの瞬間を体験させる、ストロベリー・アイスクリームがなくてもお父さんの愛情が感じられる、その人とその場所でなくても完璧なエクスタシーや一体感を体験できる、、、
そうやって完璧な瞬間と環境を切り離すことによって、「こうじゃないと幸せになれない」という執着を手放すことができるようになります。

あなたが今手放したくても手放せないものや、理解不能な行動パターンにも、ガイディング・スターが関係しているかもしれませんよ??

 

出張のお知らせ

東京での個人セッションスケジュール・・・8月28日(日)~30日(火)

場所:新宿付近
料金:ハートトークセラピー 12,000円/90分(部屋代込)

予約状況(8月26日現在)

28日(日)午後早・・・×
午後遅(17:30~)・・・×
29日(月)午前中・・・×
午後遅・・・×
30日(火)午前中・・・×
午後早・・・×
午後遅・・・×

※キャンセル等で変更の可能性あります。

投影のしくみ勉強会

日時:随時開催予定

場所:クオレヴォーチェ千里サロン

定員:3〜5名程度(参加希望者の中で日程調整します)

スケジュール:全3回(1回4〜5時間)単日のみの参加も可能。

料金:5,000円/1回

※今決まっているのは、勉強会1回目:9月1日(木)10時~(残席2名)

参加資格:本気で鏡を覗き込んでみたい人(笑)。ワーク(内観)をあまりしたことがない人。

ご興味のある方は、こちらからお申し込み&お問い合わせください。

関連記事

他人を通じて自分を知る方法①~⑦

エゴは「投影のしくみ」が大嫌い

投影を手放す

雛見沢症候群と妄想ワール

カテゴリー
最近のブログ記事
キーワード検索
月別アーカイブ