ブログ

常識の壁に風穴を開ける人たち その1

坂口恭平さんの『独立国家のつくり方』という本を読みました。

坂口恭平さんの世界観に一気にハマってしまいました。
世の中に、こんなクレージーな人がいるなんて(笑)、まだまだ捨てたもんじゃないなと思いました。

本の冒頭ではまず、坂口さんが子どものころから抱いていた疑問が紹介されます。

  1. なぜ人間だけがお金がないと生きのびることができないのか。そして、それは本当なのか。
  2. 毎月家賃を払っているが、なぜ大地にではなく、大家さんに払うのか。
  3. 車のバッテリーでほとんどの電化製品が動くのに、なぜ原発をつくるまで大量な電気が必要なのか。
  4. 土地基本法には投機目的で土地を取引するなと書いてあるのに、なぜ不動産屋は摘発されないのか。
  5. 僕たちがお金と呼んでいるものは日本銀行が発行している債権なのに、なぜ人間は日本銀行券をもらうと涙を流してまで喜んでしまうのか。
  6. 庭にビワやミカンの木があるのに、なぜ人間はお金がないと死ぬと勝手に思い込んでいるのか。
  7. 日本国が生存権を守っているとしたら路上生活者がゼロのはずだが、なぜこんなにも野宿者が多く、さらに小さな小屋を建てる権利さえ剥奪されているのか。
  8. 2008年時点で日本の空家率は13.1%、野村総合研究所の予測では2040年にはそれが43%に達するというのに、なぜ今も家が次々と建てられているのか。

こんなまともな質問してくる子どもが近くにいたら、大人は困っちゃいますね(笑)。
仮に子どもの頃にこういう疑問を持ったとしても、たいていの人たちは世間の刷り込みや、いわゆる3S愚民政策(3S・・・”スポーツ”、”セックス”、”スクリーン”の娯楽に目を向けさせることにより、大衆を重要な社会問題に対して無関心にさせる)の影響などで、いつしかそんな疑問を持ったことも忘れて大人になってしまうものです。

しかし坂口恭平さんは、”根源的な問い”、〝普通の思考”をあきらめませんでした。

  • 「土地を所有するって、どういうこと?」
    「なぜぼくらは家を借りたり、買ったりしなくてはならないのか?本来所有できないはずの土地や水が誰かの手で管理されており、それらを使わせてもらうために一生働き続けなければならない、という今の僕らの生活は、ちょっとおかしいのではないかと思う」
    そんな疑問から出発して、都市が吐き出す「ゴミ」を自然資材とみなし、それらを拾い集めて自力で建てている路上生活者の家に関心を持ち、大学の卒論で調査し、それを写真集として発表した。
  • 「死の灰が降っているのに、なぜ逃げろと言わないの?」
    2011年原発事故後の政府の対応に疑問を抱き、新政府を樹立。初代内閣総理大臣に名乗りをあげた。
  • 原発事故以降、「福島の子どもたちに、自然の中でのびのびと遊び笑う時間を過ごさせてあげたい」という思いから、参加費無料のゼロ円キャンプスクールを毎年2回開催し、今までに延べ300人福島の子どもを熊本に受け入れている。
  • 「自殺者をゼロにするために全力を尽くす」というのを、新政府の政策の柱として掲げ、自らの携帯電話番号を公表し、日本中の自殺願望者たちからの電話を受ける「いのっちの電話」を開設。毎年2000人近くの電話に出ているらしい。
  • 躁鬱病であることをカミングアウトしている。
    「僕にとっては鬱期こそが一番の「創造」だ。そのような状態と目の前の社会や都市を結びつけて考える。それが僕の仕事の構造体である。一生治らないこの病気に感謝したい。むしろ、今、僕にとって躁鬱病は病気でもなんでもない。これはとても自然な身体の動きであることがわかる。この無意識だらけの無思考な社会が、居心地がいいわけないのだ。そこにはたくさんの無視が存在している。貧困が存在している。それが苦しくないわけないのだ。僕の症状は自然な精神であれば、当たり前のことだと気づいてきた」

坂口さんの逸話、まだまだ尽きません。
わたしは彼のような、常に本質だけを追求していく〝パンクな生き方“を貫いている人に魅力を感じます。
あ、とても近いところにも、パンクなお方がいます(笑)。
最近、私自身がもっとパンクに生きたいのかな、とも思います。
よーし、今月誕生日を迎えて、この1年の新しいテーマは「パンクなわたしを開花させる」にしよう(笑)。

パート2に続く(たぶん)

お知らせ

見えない脅威から自分を守る講習会

目に見えない脅威、電磁波や空気汚染から自分の身を守るためにできることをシェアする講習会を開催します。
電磁波カット器具と、空気清浄機を手作りします。

日時:7月26日(水)10:00~11:30 パート1、電磁波カット器具手作り講習会
11:45~13:15 パート2、フリーエネルギー空気清浄機を作ろうの会

場所:世田谷

参加費:
パート1 、電磁波カット器具手作り講習会・・・6,000円(事前振込み、電磁波(電波のみ)カットの器具の材料費と検電器代込み)

パート2、フリーエネルギー空気清浄機を作ろうの会・・・5,000円(事前振込み、エアポンプ等材費込み)

前半の電磁波カット器具講習会とセット価格、
⇒10000円(以前に電磁波講習会を受けられた方は、4,000円でOKです)

詳しくはこちらの記事「電磁波から自分を守る」、「電磁波の身心(と霊性)への影響」をお読みください。

お問い合わせはこちらまで

※お申し込みは、できれば22日までにお願い致します。仮予約も受け付け中。

東京個人セッション

ハートトークセラピーライトボディヒーリングボイスエンライトメント脳幹セラピー
7月23日(日)~26日(水)

場所:世田谷(予定)

お問い合わせはこちらまで

 

ほんとうの自分らしい声になるためのボイスエンライトメント講座

この講座では、自分にとって最も自然で、自分らしい本来の声を引き出していきます。
ここで紹介するメソッドは、何かを付け加える方法ではなく、余計なものを省いていく引き算的なメソッドで、身体や心を育みながら、自然を生かしていく、、、誰かに合って、誰かに合わない、というものではなく、誰にでも合う方法です。
声のための実習ですが、声=身体、声=心、なので、性格や体質、人生まで変わってしまいます。
ご一緒に、声を自在にしていく旅を一歩一歩楽しみましょう♪

【神戸】
7/30(日)10:30~12:30
9/18(月祝)13:00~15:00
場所:カフェ・ド・ジェーム(神戸元町)
参加費:2000円+ワンドリンク
参加人数:6名程度

【大阪】
8/8(火)10:30~12:30
8/21(月)10:30~12:30
参加費:クオレヴォーチェ千里サロン
参加費:2500円
参加人数:4名まで

【東京】
日時:7/25(水)13時~16時
場所:世田谷(お申込みの方に住所お知らせします)
参加費:3500円
参加人数:5名まで

超脱力歌唱法~メタフィジックな視点から見た歌唱法

「唄う」もフリーエネルギーだった!

ゼロポイント歌唱は、歌う瞑想

ボイスエンライトメントワークショップの感想

声のしなやかさは、心のリラックスから

わたしが一番伝えたいのは、、、

カテゴリー
最近のブログ記事
キーワード検索
月別アーカイブ