ブログ

常識の壁に風穴を開ける人たち その2

下重顕子さんという方のインタビュー記事をネットで見つけて読んでみました。
「家族」というものに対して、かなりアンチな考え方をもっていらっしゃるようで、著書のレビューなどを読むと、不快な読後感を持っている人がけっこう多い。。
ですが、「家族のきずなが大事」一辺倒の世の中で、このような違う視点や意見を発信している彼女の働きはとても意義があると感じます。

カウンセリングをやっていると、人の悩みというのはだいたい家族に起因しています。
虐待、DV、モラハラ、ネグレクト、モンスターペアレント、不倫、離婚、などの家族から発生する病の例もたくさん見てきました。
「うちの家族は仲良しなので、何も問題ないです」という人も、それは問題に光を当てないだけであって、掘り下げていくと「それ、とてもストレスだよね」というのが必ず見つかります。
そして、「仲良し家族」という理想像に振り回されて、自己イメージを下げている人も多いです。

この下重さんという方も、おそらく闇をたくさん抱えた家族の中で育ってきたのではないかと思います。
まだその傷が癒されていないのでは?という部分もチラチラとみられ、すべて肩を持つわけではないですが、
世の中の風潮に流されずに生きる強さなどはとても参考になると思いました。

81歳の今だから語れること「子どものいない人生に一生後悔はありません」

産むのが無条件に良いとされることに違和感

「家族」を作らなきゃ幸せになれない?母親を経験しない人生から見えたこと
以下、インタビュー記事から、特に響いた文章を抜粋してみました。


「結婚したいって顔に書いてあるんじゃないかしら? そんなこと書いてあったら相手は逃げるよね。私の周りでも、結婚したいしたいっていう友達は結婚しないのよ。勝手に生きているような女には、一緒に暮らす相手がいるんだけど。不思議なことよね。」

「私は頑張って婚活って全然わからないの。なぜそんなに必死に結婚したいの?
自分で働いて、衣食住が足りていて、自分の生き方があればそれでいいじゃない。一緒に暮らしたい人がいれば結婚という選択もあるでしょう。でも、そういう人がいないのに無理して探すのは無理ですよ。人の出会いは、それこそとんでもないところから偶然来るのだから。それが面白くて楽しいんですよ。」

「他の人がどう見ようと関係ないじゃないですか。私は私なんだから。みんなが勝手に誤解する分には構いません。私は「こう見られたい」って思って演技をしているわけじゃないんだから。」

「揺るがない自分というのは、時間をかけて作るものですから。それこそ、毎日作るの。積み重ねですよ。私だって、これが自分だと心から思えるのは、ごく最近のこと。人間は毎日何かに迷いながら、必死に考えて選んで、自分の人生を生きていくもの。それをするには、世の中というのはなかなか難しいですよね。」

「いろんな人がいて、いろんな声がある。その中で、毎日自分を確認していかなきゃいけないわけですから。本当に間違いがないかな。私は本当にそれで生きて行けるのかなと思考を繰り返すことで、で自分という人の基礎ができる。最初からしっかりしている人なんてどこにもいませんよ。」

「いつも自分が考えて、自分で選んでいるか。それとも誰かの基準で選んでいるか。誰かがそう言うから。世の中が。世間体が。みんなが褒めてくれるから。そんな基準で選んでいる人はどんどん自分をなくしていきますよ。」

「自分というのは長い期間、それこそ一生かかって作るものです。私だって完全にできているとは思えない。命を全うするその時に、「私は私らしく生きた」って思えたらいいなと思っているの。だから、人から何を言われても私は自分の基準で選ぶと決めている。それが重なってきているので、ひとさまから見ると確固とした考えがもともとある、というように見えるのかもしれませんね。でも、生きていることってそういうことでしょ。日々、自分を確かめながら生きているのよ。」

「人に決めてほしいというのは、自分の人生に責任を持ちたくないのよね。人に合わせる生き方をしていると、何か都合の悪いことがあった時に、人のせいにできるから。そんなこと私にはできない。全て自分のせいじゃないですか。あの人がこう言ったから、世間がそうだから。親が……って。そんなの他人の人生ですよ。私はそういう人生が一番嫌い。」

——子どもがいる人の方が信頼できる……という趣旨のことを言う人もいますよね。子どもがいるというだけで、もらえる手当が増えるなど、社会に優遇されている気もします。

「今は国が子どもを産むことを奨励していますよね。なぜかというと、家族でまとまっている状態が、一番管理しやすいから。戦前もそうだったんですよ。国が戦争をするというと、家族はみんな応援するという形が、手っ取り早かったから。」

「敗戦後、私はそれが崩れていく過程を見てきました。だからこれは間違いだということはよくわかっています。子どもを産むのが無条件に良いと思っている人たち、家族の絆を大げさに押し付けてくる人たちの言葉を耳にしたら、その意図をよく考えてほしいと思いますね。」

「私ね、子どもは、親の都合で生まれてくるものだと思っています。生まれてくる子どもの意思はそこに反映されていませんよね。
自分の血を分けた存在がほしい、愛する対象がほしい、跡取りがほしい、将来自分の世話をしてほしい、自分が生きた証を残したい……。ね、親の都合でしょ。」

「期待は、自分が自分にするものですよ。私は自分にものすごく期待をしている。これから、どんな人になるだろう、どんな仕事をするだろうって。自分に興味があるってとっても面白いのよ。自分にしか興味がないって言ってもいいぐらい。」

「必要とされることと期待は違いますよ。私は自分がどんなふうに変わっていくのか、自分を作り上げることに興味がある。その結果として誰かが私を必要としてくださるというのはとても嬉しいこと。」

だから親の期待ほど子どもにとってしんどいものはないですよ。子どもの期待ほど親にとってしんどいものもない。夫が妻に期待するのも、その逆もね。」

「家族はこうあるべき、と思い込んでしまうふしはありますよね。でも、家族が一番わかり合っている存在だなんて嘘ですよ。「あなたのお父さんは、どういう考え方の持ち主?」と聞いてちゃんと答えられる人はほとんどいません。それなのに、普段は知っていると思い込んでいるの。」

「家族は役割なんですよ。お父さん、お母さん、子ども。その役割を上手に演じられるおうちが良き家庭のように見えるだけ。実際、何か行き違いがあったりすると事件になって、おおげさになると殺人事件になることもありますよね。」

「子どもは、社会からの預かりものなんです。自分のものじゃないの。ところが自分の子どもになると視野が狭くなってしまう。私はそれがものすごく怖かったんです。」

「言葉ってバカにできないもので、そう言った途端にそうなっちゃうの。お父さんと言った途端にお父さんの役割になる。言葉はいい加減に使っていると自分が変えられてくるのよ。これは本当に恐ろしいことですよ。」

「パートナーを「主人」なんて呼ぶのが一番わかりやすい例でね。主人って言っている人は、その家では夫が「主なる人」ですよ。はじめは主人だと思っていなくても、毎日使っていれば、自分の意識や行動まで変わってくる。それはものすごく怖いことよ。

「私は今とても自由です。その自由をどのように獲得したかというと、2つあります。ひとつは経済的な力。人を養えなくてもいい、死ぬまで自分で自分を養えるだけの力を持つこと。もうひとつは自分で考えて、自分で感じて、自分で選ぶという精神的な自立。経済と精神。2つ揃わないと自由は手に入りません。でもそれは簡単なことではありませんよ。私も長い間かけて自分の身にしてきました。人に養ってもらうのは、もちろんラクですよ。でもそうしたら、自由を売り渡すことになる。私はどちらが大事かといったら自分の自由が大事です。」


お知らせ

ほんとうの自分らしい声になるためのボイスエンライトメント講座

この講座では、自分にとって最も自然で、自分らしい本来の声を引き出していきます。
ここで紹介するメソッドは、何かを付け加える方法ではなく、余計なものを省いていく引き算的なメソッドで、身体や心を育みながら、自然を生かしていく、、、誰かに合って、誰かに合わない、というものではなく、誰にでも合う方法です。
声のための実習ですが、声=身体、声=心、なので、性格や体質、人生まで変わってしまいます。
ご一緒に、声を自在にしていく旅を一歩一歩楽しみましょう♪

【大阪】
8/8(火)10時半~12時半
8/21(月)10時半~12時半
場所:クオレヴォーチェ千里サロン
参加費:2500円
参加人数5名程度

※8日は人数の加減で、会場が別になる可能性あり(サロンからはすぐのところです)。

【名古屋】
8/23(水)12:30~15:00
場所:市内カラオケルームの大部屋(予定)
参加費:4000円(部屋代込み)
参加人数:5名程度

【神戸】
9/18(日)13時~15時
場所:カフェ・ド・ジェーム(神戸元町)
参加費:2500円(料金改定しました)+ワンドリンク制
参加人数:8名程度

熱中症対策!レインドロップとよもぎ蒸し夏のキャンペーン(8月限定)

毎日異常なほどの暑さが続いていますが、体のダルさ、めまいや立ちくらみ、手足のしびれ、汗の異常、吐き気など出ていませんか?
暑さに負けない体づくりのために、ぜひこの機会にレインドロップやよもぎ蒸しを利用してみてください。

レインドロップ・・・アロマのエッセンシャルオイルを、背中に雨だれ(レインドロップ)のように垂らし成分を吸収させ、背骨を中心に溜まっている心と身体のマイナスエネルギーを浄化していくテクニックです。細胞のダメージの回復、疲労回復、夏バテ予防、自律神経を整える。ミントなどクールな香りで、体のほてりも取れます。

1回6,000円/60分⇒4500円

よもぎ蒸し・・・乾燥よもぎやハーブを煮立てた蒸気を、約30分穴の開いた特製の椅子に座って、マントを被って全身に浴びる温浴法。
夏は体は暑くても内臓は意外と冷えています。よもぎ蒸しは、内臓を芯から温め、免疫力を回復させていきます。

1回3,000円/45分⇒2000円

よもぎ蒸し+レインドロップセット
8,000円/105分⇒6,000円

場所:クオレヴォーチェ千里サロン

お問い合わせはこちらまで

カテゴリー
最近のブログ記事
キーワード検索
月別アーカイブ

リンク

貊村 みゃくそん[れなり]ショップサイト
オリーブオイル「れなり」のご用命は、【貊村リンク】ショップサイトへ

貊村から世界が変わる!」で貊村についてご紹介しています。