ブログ

いじめ問題に取り組む青年のひたむきさに心を動かされました

このブログの中で私はたぶん5回ぐらい「新しい教育システム作りのプロセスに関わっていきたい」とマニフェストしてきたと思います。
そうやってアンテナを立てると、同じような志しを持つ人や情報が視野に飛び込んでくるものです。
最近、そういったご縁が繋がっていく中で、フェイスブックで「いじめをなくすために何かできることはないか」と立ち上がり、動き始めた愛知県在住の大学生の男の子と知り合いました。
フェイスブックの活動のページで、毎日彼のメッセージが投稿されるのですが、その内容とひたむきさにグッと心を掴まれちゃいまして、思わず「何かお手伝いできることがないですか?」と彼にメッセージを送ったのです。
そんなきっかけで交流が始まり、メッセージをやり取りするうちに、今度彼が行おうとしている活動のイベントのお手伝いをさせてもらうことになりました。

[中学校に届けよう!あなたの好きな所ポスタープロジェクト]
さて、管理人はとうとう始めました!
ポスターを作成して、中学校に掲載をお願いするプロジェクトです。内容は、自分の好きなところを、みなさんがスケッチブックに書いて発表するものです。それを写真で撮り、ポスターにまとめます。
子どもをいじめから守るには、1人ひとりの自信を育む必要があります。その自信は、人にほめられたり、自分の良い所を見つけることで成長していきます。
そこで私たちの良い所を子どもたちに伝え、それをきっかけに、自分自身の良い所を探してもらい、自信をつけてもらおう、という狙いです。
目標は100人に協力してもらうことです!
ちなみに協力してくれる人を探すために、今のところ愛知県の金山駅と、岐阜県の岐阜駅周辺で、スケッチブックかたてに待ちぼうけを計画しております。(Facebookイベント機能を利用し、場所と日時を随時掲載)
また、確定ではありませんが、10月中にお茶会を開催し、そこで写真のご協力をお願いしたいな、とも考えております。
いじめ問題、私たちにできることも、きっとあります。
(Facebookページ「いじめをなくすために何度も何度も伝えたい大切なこと」より)

ここでいじめのことにちょっと触れると、私はいじめは子ども(学校)の世界だけのことだとは思っていません。
大人の世界にもたっぷりたっぷり「いじめ」はあります。
ただ子どもは大人の背中を見て、大人の真似をしているだけです。
だから、「いじめ」という問題を、学校という限られた世界の中で起こっている現象だと片付けるのはちょっと無理があるな、と思っています。
それで、大人の世界にもある「いじめ」ですが、根底にあるのは「劣等感」と「罪悪感」である、というのは前にも何度か書いています。
(例えば、この記事とか)

そしてそれはつまり、「自己愛の欠如」と言い換えることができます。
私たち一人一人が、自分を愛して、自分を敬って、自分をほめてあげてもいいんだよ、という姿勢を子どもたちに示してあげれば、、、子どもたちもそれを自分に許しますよね。
そういえば、学校で4月の最初の授業に、自己PRのアンケートなどを書いてもらうとき、「自分のいいところ、好きなところは?」という質問で、ほとんどの子どもが「ない」と書いているのに毎年ショックを受けていたのを思い出しました。
大人もそうだけど、みんな自分の悪いところ、欠点を探す方が得意なんですよね・・。
そういう意味で、このプロジェクトの管理人くんの着眼点やアイデアはとっても素晴らしいと思いました。
このポスタープロジェクト、とってもシンプルだけど、何かが大きく変わっていくきっかけになるんじゃないかという気がするのです。
視覚に訴える、という方法もいいんじゃないかなー。なんかサブリミナル効果みたいなものがありそう・・。
11月のおそらく16か17日ぐらいに、大阪のどこかでこのプロジェクトの交流会を開催する予定で話が進んでいます!
もし、この活動にご興味のある方がいらっしゃいましたら、ぜひポスター作りに参加してご協力いただければと思います。
(まだ種まきの段階で、アイデアを出し合っていくうちにこれからもっと形が変わっていく可能性もあります。)
詳細決まりましたら、またブログにアップします。
フェイスブックをご利用されている方は、「いじめをなくすために何度も何度も伝えたい大切なこと」というページを覗いてみてくださいね。

カテゴリー
最近のブログ記事
キーワード検索
月別アーカイブ

リンク

ボイスエンライトメント
声が変わると人生が変わる!
ボイスエンライトメントのサイトはこちら

貊村 みゃくそん[れなり]ショップサイト
オリーブオイル「れなり」のご用命は、【貊村リンク】ショップサイトへ

貊村から世界が変わる!」で貊村についてご紹介しています。