ブログ

人間の本質は有限?無限?

大きな台風がきましたね。
台風も、ゲリラ豪雨も、自然の洗浄力だそうです。
自然は意味のないところに台風などをもたらすことはないと。
汚染物質の浄化+エネルギー補充が行われます。
だから、台風が過ぎ去った後、清々しい気持ちになり、空気も水もピュアになっていませんか??

さて、今日は前回いただいたコメントに回答していこうと思います。
回答といっても、今の私なりの解釈と言う意味で、これが本当の答えと言う意味ではありません。
私のところに書いてこられたので、私が勝手に答えてるだけなのでご了承くださいね。
「すべて決められたシナリオ、すべて必然に起こっていること、、、
だとしたら、無差別殺人で人の命を奪うこと、奪われることも計画通り、必然?
それって、あまりに無慈悲なのでは?」という、
匿名希望さんのご質問です。

わたし自身も、これは心理学講座で何度も質問があり、自分なりに考え、答えてきたものです。
スピリチュアルな質問としても、よくあげられていますね。

まず、無差別殺人などで家族など親しい人が命を奪われたとします。
もし、これが必然でなかったとしたら、シナリオでなかったとしたら、どういうことになるかというと、
自分の身に不運な出来事が偶然起こった、となります。

命を奪われたという発想は、人の命は有限だというところから生まれます。
人の命は有限だと信じていると、肉体が朽ち果てたらもう終わりです。
そうすると、その大事な人を失った人は、誰かを加害者として責め、裁きの心を持って怒り、恨みを抱きます。
神も信じることができません。
それで、その人は楽になるでしょうか。。。

すべてがシナリオ通り、すべては必然、というのは、
人の命は無限で永遠に続くのだという意識からの見方です。
肉体という乗り物から抜け出しても、魂は生き続け、成長を続けます。

「偶然不幸な出来事が襲う」とすれば、宇宙の法則は不平等だという事になりますが
実際は全ての人のカルマや、全体への目的の為に完璧に働いていて 「愛」として起こっているのだと思います。
そうやって見ていくと、たとえ目の前から大切な人が消えても、
その人を失うということにはならないでしょう。

人間の本質は有限か、無限か、これは一つの選択です。
有限性の心を持って生きていくか、無限性の心を持って生きていくか・・・。

私は、大切な人を殺された、などの経験をしたことがありません。
しかし、そういう経験をされた方を何人か知っていて、
その方たちは、スピリチュアルな考え方に出会ったことで、悲しみや苦しみから救われたと言ってました。

人間の本質が有限という視野しか無ければ、この経験を乗り越えることはできなかった、
また、そういう経験があったからこそ、それをきっかけに人間の本質について知ることができ、
被害者をやめて、責める心から自由になり、苦しみから解放された、
とおっしゃっていたのが印象的でした。

私は死後の世界を体験から語ることはできませんが、
死後の世界があることを、学びや気づきから確信しています。

あと、臨死体験などの話を読んでいて共通するのは、それは肉体を持った生よりもはるかにはるかにいい、ということです。
最近私の周りにもたくさんいる悟りの一瞥体験をした人も、人の本質の無限性をわかっています。

、、、だとすると、多くの人が信じているように、死は本当に恐ろしくて、あってはならないことで、苦しいことなのでしょうか?
死が私たちにとって最高のギフトだったとしたら???
そもそも、本当に私たちは本当に“生まれた”のでしょうか??
善悪は誰が決めるのでしょう??

そういえば、セラピスト仲間のワカさんが、そのあたりをとても上手にブログに解説されていました。
そちらも参考に読んでみて下さい。

それから、自分で人生シナリオや両親を選んでこの世にやってきた、というのが、
胎内記憶を語る子どもたちの証言でわかる映画もあります。

こちらも参考になると思います。

以上、今の私の理解しうる範囲での回答でした。

また何かあれば、どんどん問いかけてみてください。
お答えするのはこちらにとってもとても勉強になります。

11010504_794401400668005_4004075715488052149_n

カテゴリー
最近のブログ記事
キーワード検索
月別アーカイブ

リンク

貊村 みゃくそん[れなり]ショップサイト
オリーブオイル「れなり」のご用命は、【貊村リンク】ショップサイトへ

貊村から世界が変わる!」で貊村についてご紹介しています。