ブログ

死なない、変わらない

今朝めずらしく、死に直面する夢を見ました。
「もうダメだ、死ぬ~」と思った瞬間に目覚めました。
まるで映画『インセプション』のよう。。。
実際に肉体から抜け出るときも、こんな風に目覚めるのかしら。。。
目覚めた後、すごくネガティブな気分でした。
死に直面するイメージが、「その体験を心安らかに待つ」というよりは、
恐怖と苦痛を伴ったものだったから。
私の潜在意識に、死の怖れがあるのがよーくわかりました。
それにしてもなぜ、これほど死を恐れるのでしょう?
「死の体験は恐ろしいものではない、むしろ喜びに満ちたものである(だからといって期待すべきものでもない)」というメッセージを何百回と見聞きしてきたのに。
・・・ということで、今日は「死」についていろんな人が語ったことを引用メモしながら、再度「死」を想ってみたいとおもいます。


今この人生を生きている間に、この瞬間に存在する技術を身につけると、あなたは人生を去るときにも、この瞬間に存在することができます。すると、死を知ることはないでしょう。あなたが知るのは人生そのものと、わたしたちが死と呼ぶ、ある領域での存在から別の領域への存在の変遷の瞬間だけです。「今、この瞬間」において死はありません。ただ人生があるのみです。
「死はとても痛みを伴う。なぜなら、わたしたちはわたしたちが知っている人生に執着しているからだ。わたしたちは愛する人に執着している。わたしたちは人々と所有物に執着している。わたしたちは日常生活の日課にさえも執着している。死はその終わりだ。そして、死の後にやってくるのは未知の世界への旅。わたしたちはごく自然に恐れる。わたしたちは未知の世界を恐れるから、自分自身のことを心配し、そして、愛する人たちのことを心配するのだ」
「受胎よりも以前に君は存在していて、死後にも引き続き存在するということを君が絶対的な確信をもって知っているならば、君は安心できるだろう。死はただの終焉ではなく、始まりでもある。わたしたちが完全に『今、この瞬間』に目覚めるときにようやく、私たちは自身の存在の永遠性の本質を認識する。わたしたちが人生を完全に生きるようになるのは、わたしたちが死との完全な協力体制を学ぶときなんだ」

(レナード・ジェイコブソン著 『「今この瞬間」への旅』より)


死が人生最高の教師であるというのは、実に偉大な宇宙的パラドックスである。死ほど多くの事を教えてくれるものはない。あなたの身体があなたではないことを誰かが教えてくれるかもしれないが、死はそれを示してくれる。生に執着することの虚しさを死は一瞬にしてわからせてくれる。あらゆる人種の男女は平等であり、富者と貧者の間には違いがないと教えられてきたかもしれないが、死は一瞬にしてわたしたちすべてを平等にする。
問題は、そうした学びを死に教えてもらう最後の瞬間まで待つかどうかである。賢い人年はいつ自分が息絶えるかもしれないことに気づいている。死はいつどこでも起こりうる。あなたはそのことから学ばなければならない。賢い人は死ぬという現実、死の必然性、予測不可能性を全面的かつ完璧に受け入れる。
最高レベルでいきることがどんなことかを学ぶために、死を待つ必要はない。死によってすべてを失う前に、自分の能力を存分に発揮するため、内面を深く掘り下げることを学んでもらいたい。賢い人間はこう確信する。「一息ですべてが変わるなら、生きている間に、最高のレベルで暮らしたい。これからは自分の存在のもっとも深い部分とつながって生きよう」
(マイケル・A・シンガー著 『いま、目覚めゆくあなたへ』より)



お葬式というのは、人間が生命に関してもっている誤解のなかで、『代表選手』みたいなものです。まず、根本的な誤解をひとつ、といておきましょう。そもそも、これまでかつて『死んだ人』など、ひとりもいません。これが動かしようのない事実です。エッセンス、あるいは『ほんとうの自分』は、不滅です。永遠に生きるのです。
『お葬式イコール悲しみ』は、すっかり固定観念になっています。でも、真実をあかせば、実際には誰も死んでいません。しかも、私たちが望むなら、『からだを離れた人』とコミュニケーションすることさえ可能なのです。なのに、どうして嘆き悲しむ必要があるでしょう?
そろそろ、わたしたちは、お葬式に対する概念をあらためてもいいころではないでしょうか?お葬式を、からだを去った人への愛情や絆の強さを分かち合い、喜びを表現する集いの場とするのです。いかがなものでしょう?
(アーノルド・パテント著 『「成功」+「幸せ」を手に入れる21の原則』より)


「いつ訪れるかもしれない死の瞬間に、感じていたい気持ちはどんなもの?」
常日ごろから、これを自分に問いかけていきたいものです。
たぶんつづく。
関連記事:
『人生は廻る輪のように』を読んで
いのちって?
【12月イベントのお知らせです♪】
~こころとからだを元気にするための心理学講座~
「奇跡のコース」やロンドンで学んだスピリチュアル心理学をベースにこころのしくみを学びます。レクチャーとワークの2部構成です。
受けたその日から人生観、世界がガラッと変わる!超おすすめ講座です!!
◎日時:12月1日(土) 10:00~16:00(昼食休憩あり)
テーマ:「抑圧と投影のしくみ」
私たちがいかに自分の思いを周囲の世界に投影しているか、またそうした投影をどのようにポジティブな形で変容していくかを学びます。
特に、人間関係のストレスを抱える人におススメ!
◎日時:12月2日(土) 10:00~16:00(昼食休憩あり)
テーマ:「セルフラブから変化を起こそう」
セルフラブ(自己愛)の不足は、人間関係の問題、金銭問題、健康、仕事上の苦難などなど、多くの問題の根本です
この講座では、あなたがあなたをどう見ているか、を徹底的に洗い流し、セルフラブを高める効果的な方法をご紹介したいと思います。
自己愛が高まると、見える世界がどんどん変化していきますよ!
場所:ヒーリングスペース【クオレヴォーチェ】(大阪市此花区)
料金:各講座6000円 (二日間通しで10000円)
定員:少人数
◎日時:12月8日(土) 10:00~16:00(昼食休憩あり)
テーマ:「抑圧と投影のしくみ」
◎日時:12月9日(日) 10:00~16:00(昼食休憩あり)
テーマ:「セルフラブから変化を起こそう」(残り1席!!)
場所:東京(場所未定。詳細後日お知らせいたします)
料金:各講座7000円 (二日通しで12000円)

リクエストいただき、東京で瞑想ミニ・ワークショップを開催することに決定しました!

~瞑想ミニワークショップ~
心を浄らかにするのに、瞑想ほど強力なシステムはありません。
浄らかな心はストレス(苦しみ、問題)を寄せ付けません。
もっともやさしくシンプルな瞑想法(集中の瞑想&洞察の瞑想)の指導と誘導を行いますので、瞑想が初めてでも大丈夫です!
◎日時:12月7日(金)18:00~20:00
場所:東京都世田谷区
参加費:2000円
定員:6名

~東京個人セッションの日程~
ヨーガの教え、禅などに共通するスピリチュアルな観点から人生の根源を見つめ直すカウンセリング&セラピーです。
○今の自分のパターンを脱却し、生き方を変えたい人
○悩みや不安、葛藤が多く、明るい未来の兆しが一向に見えない人
○アセンションに伴う意識の目覚めを促したい人
○本来の自分の力を取り戻したい人


日時:12月7日(金)10:00~13:00~、15:00~
   12月10日(月)10:00~、13:00~、15:30~、18:00~
   12月11日(火)10:00~13:00~、15:30~
   
※多少の時間の調整は可能です。
場所:世田谷(予定)
料金:個人セッション:90分 8000円
    ボイストレーニング、声楽レッスン:60分 8000円
お問い合わせ&お申し込みはこちら
もしくは、
t_shishikura711@yahoo.co.jp
まで

カテゴリー
最近のブログ記事
キーワード検索
月別アーカイブ

リンク

貊村 みゃくそん[れなり]ショップサイト
オリーブオイル「れなり」のご用命は、【貊村リンク】ショップサイトへ

貊村から世界が変わる!」で貊村についてご紹介しています。