ブログ

ニュートラルシンキングのすすめ、そしてホ・オポノポノをもう少し

成功哲学などではポジティブシンキングがいい、ポジティブであることが一番、と言われますが、実はそこには落とし穴があります。
ポジティブがあるということは、その反対にネガティブがある。

この世は2元性なので、善悪などと同じで2つのものが常にバランスをとっている。ポジティブになりすぎると、バランスをとるために、自分の周囲の人がネガティブになったり、ネガティブな人が目の前に現れたりする※。そうすると、自分は「ネガティブなことは言わない、考えない」と思っているので、相手をジャッジしたり、気になったり、正そうとしたりして、それは自分にとっても相手にとってもストレスになります。また、ネガティブなことを考えない、言わないと思っていても、すでにその考えに支配されているわけで、自由ではありません。

※ポジティブとネガティブでバランスを取る、ということですが、実際に引きこもりの子どもの家にはたいていすごい根アカだったり、ポジティブすぎる家族のメンバーがいるというのを聞いたことがあります。家族の中でバランスを取ろうとするのです。

また、もし不安とか嫉妬とかそういう負の感情が起こったときに、それを無視したり否定したり、封じ込めたりしてしまうと、自分の中にある、不安や嫉妬を生み出した本当のコアな部分に触れないままでいることになるので、問題が解決せず結局は自分を苦しめることになります。

ネガティブな感情が起こったときは、自分のコンプレックスや傷から開放される絶好のチャンス、つまり自分を知る絶好のチャンスなのです。
負の感情を持ったときは、まずそれを肯定しましょう。そして、それを客観的に見つめるくせをつけましょう。「私はなんで今こんな気持ちになったのかな」。
それをずっと探っていくと、たどりつくのはやはり、自分に対する評価が低い、ということですが・・・。そしてそれがきっかけで自分のコンプレックスを知ることができ、それを癒すことでI’m OKになる、というプロセス。

ポジティブでもネガティブでもない、ニュートラルであること=あるがまま=無(ゼロ)=悟り。
それは、自分を通して物事を見るのではなく、上から眺めている感覚。
絶対にジャッジはしない。あるがまま。
これが自由で、完璧な状態です。

さて、前回のホ・オポノポノについての記事を読んで、わかりたいけど難しい、よくわからない、という感想を何人かからいただきました。なので、もう少し補足を加えたいと思います。
ホ・オポノポノでは、「この世は情報で成り立っている」と考えます。
情報には2種類しかありません。「過去の記憶」と「インスピレーション」です。
「過去の記憶」を私は邪念とか雑念と解釈しています。

私たちは何か問題が起きたとき、この情報を分析して答えを出そうとします。しかし、本当にしなければならないことは情報を分析することではなくて、これらの情報を「消去する」ことなのです。
これらの情報が「消去」されることで、インスピレーションというこれまで存在したことのない情報が私たちにやってくるわけです。インスピレーション、神聖なる声といった感じでしょうか。

人生は選択の連続です。
何を食べるか、何を着て出かけるか、誰と会うか、どんな本を読むか、相手に何を語るか、大きな選択としては、どこで働くか、どこに住むか、誰と結婚するか・・・、など、選択の結果が今までの人生であり、これからの人生を造って生きます。

私たちに何か問題が起きたとき、それは「過去の記憶」に左右されて選択した結果です。私たちは情報に洗脳され、情報にコントロールされています。これらの情報を消去することで、雲が晴れて光が射すように、インスピレーションが入ってきます。インスピレーションに従って選択した行動は、あとから考えるととってもラッキーな結果となっています。正しい選択であり、問題は起きません。インスピレーションの結果を、三つのキーワードで表すとこうなります。「努力なし」「予想外」「無意識」です。

パソコンの中のいらない情報をゴミ箱に捨ててクリーニングすれば、問題のあるパソコンが正しく機能しはじめることがありますよね。私たちも同じ。正しく機能させたければ、クリーニングする。クリーニングの方法は前回紹介したとおりです。他にもいろいろありますが、また少しずつ紹介していきます。でも、4つの言葉を言うことが基本です。

大切なことは、やらない理由を探したり、始めるきっかけを探したり、どう感じるか分析したり、判断したり、期待することではなく、ただやってみる”Just do it”ということです。(続く)

カテゴリー
最近のブログ記事
キーワード検索
月別アーカイブ

リンク

貊村 みゃくそん[れなり]ショップサイト
オリーブオイル「れなり」のご用命は、【貊村リンク】ショップサイトへ

貊村から世界が変わる!」で貊村についてご紹介しています。