ブログ

聖霊とは!?

今までにも何度も書いてきたとおり、
今私たちが見ているこの世界は、仮想現実・まぼろしだといいます。

そして、私たちはこのまぼろしが本当の現実だと信じて生きています。
そう信じることによって、分離感が生まれ、恐れが生まれ、罪悪感が生まれます。
それを投影した世界(恐れや罪悪感を体験するための)を生きています。

そして、眠っている時の夢から醒めるように、本当の唯一の現実(愛と調和しかない状態)に目覚めることを、
私たちは「目覚め」とか、「さとり」と呼びます。

奇跡のコースにおける「聖霊(ホーリースピリット)」とは、
「唯一の現実とこの世という仮想現実のパイプ(橋渡し)」のようなものだということです。

神=真実=現実は“中立的”なので、私たちの思考にずかずかと踏みこんで来て、新たな考えを強制することはありません。
が、聖霊はエゴの思考から私たちを救い出し、恐れに満ちた仮想現実から、愛に満ちた仮想現実へと転換し、さらには、仮想現実からの解放に協力してくれます。
「純粋知性(智慧)」、「自我に対する真我(ハイヤーセルフ)」といってもいいかもしれません。

自分が今まで、「聖霊」という言葉を使わずに、なんて表現してきたのかなーと、過去記事を振り返ってみたら、
「宇宙のサポート」という表現が多くでてきました。
深く深く眠った状態だと、「聖霊」の存在やその働きはわからないと思います。

でも、もしあなたが、この世の現実(だと思っていること)以外のことに何か関心を持ちはじめたのだとしたら、
それは、聖霊の働きによるものだということです。

今までまったく興味がなかったのに、急に精神世界の本を読み出したり、
そういうことを話す人が身近に現れたり、人生を一変するような大きな気づきがあったりすることがあれば、
それは、聖霊が「そろそろ目覚めませんか~?」とメッセージを送ってきているのです。

映画「マトリックス」は、仮想現実(自我)からの真の目覚めを描いた映画だというのは、
スピリチュアルな世界では、すでに有名な話です。
この映画の中で、キアヌ・リーブスが演じるトーマス・A・アンダーソンという主人公が、コンピューターが作り上げた仮想現実の世界から解放され、真の自分(ネオ)へと目覚めていくのですが、そこに至るためにさまざまな「聖霊のはたらき」があります。

  • コンピューターの画面に突然現れる「起きろネオ。マトリックスが見ている」、「白うさぎを追え」という文字。
  • トリニティやモーフィアス、予言者オラクルの出現
  • 現実と仮想現実をつなぐ架け橋となっている「電話」
  • 赤いカプセル

などなど、それはあるときは、メッセージとして、あるときは、サイン(メタファー)として、あるときには化身として現れ、アンダーソンの目覚めを促します。
※目覚めの視点から「マトリックス」について解説された、雲黒斎さんのブログ記事シリーズがとてもわかりやすかったです。

自分自身を振り返っても、「あの時、あの場所にいかなければ・・・」「あれに参加していなければ・・・」「あの本のあの文章に出会っていなければ・・・」「あのアクシデントがなければ・・・」「あの人に出会っていなければ・・・」
こんなに生きるのが楽にはならなかったよね~
という、聖霊のはたらきがたくさん見つかります。

本当はいつ、いかなるときも、誰にでも、ずーっと聖霊は働いているのです。
それを信じられない理由が思いつくのであれば、それはすべて自我(エゴ)の声です。

私たちは、常に一瞬一瞬、自我の声(思考パターン)か聖霊の声(思考パターン)を選んで生きています。
自我の声は「恐れ・罪悪感・過去の記憶」に基づいていて、それを選ぶとさらに自我が強化され「恐れ・罪悪感」が強まります。
聖霊の声は「愛・調和」に基づいていて、インスピレーションであり、それを選ぶと、目覚めが促進され、「愛・調和」が強まります。
自我の声(思考パターン)は、義務・犠牲・我慢を促すものです。
聖霊の声(思考パターン)は、喜び・感謝・愛することを促すものです。
どっちを選んでもいい(自由意思)。
選んでいるのは自分(どんな問題も、すべて自分の責任)。

愛と調和に満ちた、幸せで自由で楽な人生を求めるのであれば、一瞬一瞬聖霊の声を選ぶとよいのです。
あるいは、聖霊の働きのためのスペースを作る。
聖霊の働きは気まぐれではなく四六時中あるわけだから、
聖霊の声を毎瞬毎瞬選び続けることもできる。
“毎瞬、毎瞬”、というのが鍵です。

仮想現実の深い深い眠りの中にいるときは、惰性で自我の思考パターンを選ぶのが私たち人間です。

だから、毎瞬毎瞬、ぐらいに思ってちょうどいいのです。
具体的な自我の声と聖霊の声の事例は、
誰かの言動にムカついたり、ショックを受けた時、
「あなたは悪くない、向こうが悪いんだよ。かわいそうだね。」とささやいて、被害者意識に落とし込むのは自我の声。
「心の中を見つめて、新しい自分になるチャンスだね」とささやいて、気づきや、自己内面ワーク・瞑想に導いてくれるのが聖霊の声。

病気になったとき、
「病気は怖いよ。苦しいよ。不運だね。治すためにあれをした方が良い、これをした方が良い」
と、不安や罪悪感、緊張をあおるのが自我の声。
「病気は、真の自分に戻るためのチャンス。自分をどれだけ愛していなかったかに気づくチャンス。」と、病気をプラスに見て、安心を与えて、真の癒しに導いてくれるのが聖霊の声。

貧乏なとき、
「あなたは失敗者だ。あなたにはもっとお金が必要だ。このままだと困ったことが起きるよ。孤独になるよ。」など、
不安や罪悪感、ストレスをあおるのが自我の声。
「あなたが今、ここで幸せであることに気づけば、お金はそんなに重要じゃないということがわかるよ。今、ここにある幸せに目を向けてみよう」と、気づかなかった豊かさやすでに与えられているものに目を向けさせてくれるのが聖霊の声。

他にもいろんなシチュエーションがあるけれど、簡単にいうと、とにかく不安な気持ちになるときは、自我の声に従っていて、
安心で穏やかな気持ちになるときは、聖霊に委ねているとき、といいってもいいかも。

で、毎瞬聖霊の声を選ぶとか、聖霊に委ねるとか、はっきり言って難しいです。
参考までに今まで私がどのように自我→聖霊の思考パターンに切り替えてきたかを振り返ってみると・・・

  • まず、自我の思考パターン、しくみ(抑圧・投影など)について、勉強して知的に理解しました。
  • それから、思い込み・思考パターンは潜在意識下にあるため、それを顕在化させます(日々の思考の観察、掘り下げ、問いかけなど)。
  • 不安・悲しみ・罪悪感・恐れ・怒りなど、ネガティブな感情があるときは、必ずそれは自我の声を信じ込んでいるということなので、“何を信じているのか”を見つけてワークします。
  • また、心の傷(癒えてない感情)がたくさんあると、自我の声を選びがちになります。
    だから、感情を癒すセラピーをします。
  • EFT、バイロン・ケイティのワークなどは、特定の出来事・ストーリーから解放されたいときに、
    そのストーリーを有効活用していきますが、
    特定の出来事・ストーリーを使わずに、とにかくマインドの大掃除をしたいのよ!となると、
    インナーボディを感じる瞑想とか、セルフヒーリングとか、TREなどのエクササイズ、フラワーエッセンスやポーションなどを利用します。
  • 占星術、オラクルカード、タロット、数秘などで、聖霊のメッセージを受け取ります。
  • 音や香りを使って、高い波動(聖霊の波動)とチューニングしていくということもやっています。(シンギングボウル、アロマセラピーなど)
  • ありがとうおじさんによると、「ありがとうございます」が、聖霊と繋がるための言葉であって、自我の思考パターンを消去してくれる言葉であって、さらに聖霊のはたらきを加速させる言葉だということで、「ありがとうございます」のお祈りも駆使しています。(それまではホ・オポノポノの4つの言葉を)。
  • それから、脳幹を活性化させていくと、脳の機能が回復して、より簡単に「自我→聖霊の思考パターンを選べるように」なるということで、
    BSセラピー(脳幹活性セラピー)を続けています。

どのタイミングでどういう方法(ツール)で目覚めに至るか、それこそ「聖霊が知っている」から、「聖霊に委ねる」しかない、です。
聖霊が私に働きかけたように、他の人にも同じ働きかけがあるわけではなく、
どういう形でどのような働きがあるのかは、人それぞれだと思います。
もう本当に自分でなんとかしなくていいの。

なんとかしようとして、なんとかなることは何もない。
むしろ、なんとかしようとするほど、それはうまくいきません。

バイロン・ケイティ風にいうと、
「現実と争うとき、あなたは負ける、それも必ず」
です。

よく言われるように、スクリーンに映っている映像が気に入らずに、
スクリーンそのものに何かをしようとするのと同じことなのです。
何かするとしたら、それはいかに宇宙のサポート(聖霊、神様、守護霊、なんでもいいですが)に自我を明け渡し、
毎瞬毎瞬宇宙に委ねることができるか、その努力だけです。

≪5月イベントのお知らせ≫
【カラオケパーティー】

歌いたい人は歌う、他の人が歌うのを聴きたい人は聴く、ただその空間の波動の中に浸りたい人、
どんな形で参加者していただいても構いません。
出入りも自由です。
ご興味のある方、ぜひご連絡ください!
歌ってはしゃいで、みんなで大阪の波動を上げましょう^ ^。
◇日時:5月16日(土)午後2時~5時
◇場所:梅田付近のカラオケルーム
◇会費:2,000円(ソフトドリンク付き部屋代込み)
◇定員:12名


【ヴィパッサナー瞑想会&茶話会】

◇日時:5月17日(日) 13:45~15:00(瞑想会)
15:00~17:00(お茶会)
◇場所:ヒーリングスペース【クオレヴォーチェ】酉島サロン
◇定員:6名
◇参加代:3000円
◇瞑想誘導:高木亮


【バイロン・ケイティワーク勉強会】

「すべての問題や悩み、苦しみは、現実ではなく私たちの考えから生まれる」ということで生み出されたバイロン・ケイティの4つの質問のワークを実践しながら、エゴが創りだす幻想ストーリーから自由になっていきませんか?
ケイティワークの実践を通して、愛と平和への意識にチューニングしていきます。
ワークを行っている人も、これから初めたいと思っている方も、ぜひご参加ください。

「私の苦しみの犯人は、私だ―それはもう、まったく例外なく」
「私は自分の観念を手放しはしない。私はそれと出会い、問い直す、するとそれが私を手放す」
「今まで起こった最悪のことは、調べ直しをしていない思考があるということだ」
by バイロン・ケイティ
◇日時:5月29日(金) 13:00-16:00
◇場所:クオレヴォーチェ酉島サロン
◇定員:6名
◇参加代:3000円
◇テーマ:人間関係全般
お申込み&お問い合わせは、こちらか、ブログのお問い合わせフォームよりお願い致します。


カテゴリー
最近のブログ記事
キーワード検索
月別アーカイブ