ブログ

せめる人、せめられる人

罪悪感を他者に向けるタイプ、自分に向けるタイプ

私たちは程度の差こそあれ、ほとんどの人が「罪悪感」と「劣等感」という意識の刻印を持っているということを、前回のコメントをいただいてから書いています。
カウンセリングのお仕事をしていると、人がこの「罪悪感」と「劣等感」を刺激されて不快な感情を感じたとき、「あの人のせいでイライラする」と考えていきどおりを他者に向ける傾向のあるタイプと、「私ってやっぱりダメね」と自分自身に向ける傾向のあるタイプと、大まかに分ければこの2種類に分けられることがわかってきました。

そして前者の傾向がある人と後者の傾向がある人が、互いに相手を引き寄せ合い、「せめる人、せめられる人」という最強の学びのカップリングを形成します。
(いじめがなぜ起こるのかも、このしくみで説明できますね!)

前者の傾向が強い人は、どちらかというと自分が原因である部分や責任には目をつぶり、つまり自分を正当化しつつ相手に全面的に非を押し付けている割合が高く、後者のタイプの強い人、つまり何もかも自分のせいにしてしまう人は、「そのシチュエーションだったらあなたじゃなくても誰でもトラブルになったでしょう」と思えるぐらい相手や周りがおかしいのに、自分の非を探して拡大して「責められて当然」という弱気な態度をとることが多いようです。

どちらも苦しいのは同じですが、まったく両極端にいるため相手の立場がわからず、互いに「自分だけが苦しい」と思っています。
これらはすべて、幼少期に作られたパターンであり、エゴの自動反応なのです。

この自動反応をやめて「せめる人&せめられる人」のドラマを解消するには、自分の内側で何が起きているかをよく見てみる必要があります。
「あの人のせいでこんなことになってしまった、周りのせいで自分はこんな不当な目にあっている」とよく思う人は、「自分はちゃんとやっている。悪くない。なのにどうしてこんな目にあうの?」と、自分を正当化したり、自分自身の非や落ち度に対して鈍感になっていないかによく意識を向けてみることです。
そして、「正しくあるべき」という信念こそが、あなたを苦しめている最大の原因だということに気づいてください。

自分を被害者にして相手を加害者にするのは、いっけん何か得をすることがあるような気がするものですが、実は何も得することがないどころか、損ばかりなのです。
「何もかも自分のせいにする」タイプの人は、「私は責められて当然」という思い込みがないかをよく見直してみる必要があります。
また、自分の中の悲しみ、傷つき、恐怖、怒りなどに対して鈍感になっていないでしょうか?

そして、両者に共通する思い込みが、「自分にはパワーがない」です。
自分の不満を周りのせいにする傾向の強い人は、自分の人生がうまくいっているかどうか、幸せかどうかを、他人や周囲、環境などに委ねています。
つまり、自分で自分の人生をコントロールできない、幸せになるのに、自分は無力であると信じています。態度は強気ですが、心の中はパワーレスなのです。
「自分に非がある」とすぐ思ってしまうタイプの人、こちらは見るからに弱さが態度に表れています。「私をせめてください」と言わんばかりに。

私はどちらかというと後者の、「自分に非がある」と思ってしまうタイプでした。
目の前に責め口調の人がいるときの自分をよーく観察したとき、オドオドビクビクしている姿の自分を発見したことがあります。
その時わかったのは、「私の態度が、この人を攻撃的にしている!」ということでした。
それと同時に、本当は相手に対して「そんな言い方しなくていいじゃない!?自分の非を棚に上げて、私ばかり責めるなんてひどい!!」という怒りの感情があるのに、そんな感情はまるで存在していないかのように無視→抑圧するのです。

攻撃を受けやすいタイプの人は、まずはこういった外向きの怒りに抵抗しないで、その気持ちにフォーカスしてじゅうぶんに感じてみるとよいかもしれません。
それを相手に向かってあらわにする必要はなく、ただ自分の中でしっかりと受け止めたらよいのです。
怒りに気づくと、案外自分の中にパワーが戻ってくるものです。
「怒り」は、「恥」や「罪悪感」より癒しが進んだ状態なのです!

面白いことに、自分の中に少しずつパワーを取り戻していくと、その攻撃的な相手の奥に見え隠れする「怖れ」や「劣等感」が見えてくるのです。
斎藤一人さんのお話のCDに、「地球が天国になる話」という不朽の名作があるのですが、このCDで言われているのが、「世の中の人がみんな劣等感を克服できたら、地球は天国になる」というメッセージです。
その中で「職場などで怒鳴ったり、ネチネチ厭味を言ったりする人をみたら、その人の劣等感を見抜け。そうすると、相手は攻撃的な態度ができなくなる」ということが語られていました。
劣等感を隠そうとして、見つかるのが怖くて強い態度をとるのですが、自分が劣等感を持っていることがバレてしまったら、もう仮面をはがすしかなくなるというわけですね。

このCDの音声、無料でダウンロードできるサイトを見つけました!
今日の内容にピンとくる人は、ぜひじっくり聞いてみてください!
地球が天国になる話

カテゴリー
最近のブログ記事
キーワード検索
月別アーカイブ